text by のぞみ

ボートレースと猫とサブカル命。でも不運。誰か運を分けてください。血中ジンギスカン濃度高めの北国出身。

ボートレース徳山のある山口県周南市周辺は、明治維新の原動力となった長州藩のお膝元。
なんだか強~い運が勝ち取れそう?!

……勇ましく出発したものの、気圧で耳をやられて難聴気味(涙)。
空港から耳鼻科に直行したのぞみですよ。とほほ…。

強げなもの探しに行きますぞ!!

耳鼻科に向かう私の携帯がブルブル…。

「あ、編集長?どうしました? 耳、よく聞こえないんですけど」
編集長「…いたい、……いたい」

どこか遠~~~いところから怪しい声が…。

「痛い?どこが?ていうか、私に訴えられても。病院行ってくださいよ」
編集長「違う!…いたい。き・へ・い・た・い!!」
「きへいたい?あー、奇兵隊のこと?それが何か?」

どうやらボートレース徳山のある周南市の道の駅に、奇兵隊にちなんだ食べ物があるらしい。
奇兵隊か~!確かに強そう。
よし、ここは食べてレースに挑戦だ!

ということで、やってきました周南市。

このあたりは、長州藩の支藩である徳山藩が置かれたところ。
第三海軍燃料廠がある街としても栄えたものの、昭和20年に空襲で市街地のほとんどが焼失したそう。
戦後復興の財源を確保するためにボートレースが開催されるようになったんですって。ふむふむ。

お目当ての『道の駅ソレーネ周南』は、ドーム状の屋根に覆われた施設の内外に、周南市近辺の新鮮な農林水産品や特産品が所せましと並んでいますね。

は~! 美味しそうなものいっぱい!

あっ!ここだここだ!
「奇兵隊めし」が名物の長州ピンチョス!

…って、閉まってるよ!臨時休業?!
ガ―――――ン!!!!!
ここまで来たのに、これじゃ勝てないよ!

そこに爽やかな笑顔でソレーネ周南の店長末益康善さん登場!

「助けてください、強そうなものとかお金増えそうな食べもの、何かないですか?」
うーん、と首をひねりながらも、館内を懸命に探してくれる末益さん、惚れてまうがな♡

ちなみに、食べ損ねた奇兵隊めしはこちら。
牛肉がモリモリのっているようですね。食べたかったな~。

お買い物ゾーンでは、野菜や果物、お魚のほか、地元の新鮮食材が安い~!
観光客ばかりか、近隣の方がスーパー感覚で買い出しに来ています。

魚は店頭に立っているご主人が、船に乗って獲って来るんですって!

周南ふぐの産地だけあって、ふぐ関連の特産品が多いね。
ふくまめ、ふく茶漬け。う~ん、福福しい♪

ん?『ばちこ』って何?

へー!なまこの卵巣の乾物だって。
ばっちこーーい!! 縁起のいい響きですね。

徳山動物園のアイドル熊「ツヨシ」くんのポン菓子。

「粘り強く」と自然薯なんかをお買い物してたら、末益さん、閃いた!
「あった!!勝てそうな食べもの!」

ビストロ鹿野(かの)農場の「カツ」サンド☆
ベタな感じがいいですね!

しか~し!こちらのカツサンド、ただものじゃないんです。

カツは鹿野農場でエサから飼育環境までこだわりぬいて育てた高品質な豚肉を使い、注文ごとに目の前で揚げてくれます。

でかっ!

サンドというよりバーガー?もっちもちのパンに分厚いトンカツが贅沢に挟まっていて…サクサク、あつあつ。じゅわっとジューシーな美味しさ!
これで500円って、コスパ最高です!

新鮮な魚介類をたっぷりのせた海鮮丼も気になったので、いただいちゃいました。うまっ!!

大きな屋根があるので、生憎の雨だけど外でランチタイム。

ソレーネ周南の裏には夜市川の親水護岸があって、この時は鯉のぼりが風にたなびいていました。気持ちいいな~。ボートレース徳山からも車で30分ほどなので、レースの行き帰りに寄り道するならちょうどいいかも。

美味しいもの食べて耳も回復してきたし、そろそろ一句。

艇番選びは悩むけど楽しいよね♡
 

長州ピンチョス 奇兵隊めし…550円
鹿野農場 カツサンド単品…500円 ドリンク・ポテト付セット…650円 主悦のすし ミニ海鮮丼…680円 (すべて税込)

〇〇〇〇丼の旨さに
ハートど真ん中☆打ち抜かれたッ!!

名前を聞くだけでインパクト大、絶対負けないだろうって感じのワイルドな「丼」があると聞いて、岩国市まで足を延ばしました。

岩国駅からすぐのアーケードの一角のビルを2階に上がると、お肉の焼けるいい匂い!!

メディアやSNSでも話題「ギャング丼」がいただける「オレンジベース」に到着~!

ここは、瀬戸内のハワイともいわれる周防大島で人気のペンション&レストラン「アロハオレンジ」の系列店だそう。
コンセプトは「肉さえあれば何もいらない」。
泣かせてくれます!! ニクジョの私の座右の銘にしたいです!
アロハオレンジのオーナー兼シェフ野口友希さんは、肉に関してはプロ中のプロとのこと。お会いできなかったけど、これは期待するしかない!!

岩国基地が近いため「オレンジベース」と名付けられたこちらのお店、まずはいち押しのギャング丼を。
柔和な笑顔が素敵な安川伸二シェフ、

ひとたびお肉を焼き始めると眼光ピキー――ン!!真剣な面持ちで最高の焼け具合を見定めています。

いまかいまかとシェフの手さばきを見つめていると…、

きたーーーーーーー!!!!
これがうわさのギャング丼!!!!!!!!!!!

丼の縁から惜しげもなく垂れ下がる国産赤身肉の美しさとボリューム感に、私はこう名付けます。

「肉のナイアガラ瀑布」と。

秘伝のタレがかかった肉をご飯とともに頬張ると…。

たちまち滴る肉汁! 
弾む歯ごたえ!!

旨さの飛沫が口の中ではじける、踊る、跳ね返る~~~ぅ!!

まさに、口中を44マグナムで打ち抜かれたかのようなダイナミックな美味しさに陶然。

そういえば、ギャング丼の名前の由来って?
「ワイルドな感じだから(笑)」。オーナーの野口さんのインスピレーションによる命名だそうです。お茶目ですね!

勢いづいて、ロースステーキも注文しちゃいました。

こちらもほっぺが落ちる美味しさと噛みごたえ! リーズナブルな価格にも、ハートを打ち抜かれました♡ ズキューン!!

ギャング丼…SS 1000円/S 1500円/M 1800円/L 3000円
牛ロースステーキ…200g 1000円/300g 1500円/400g 2000円 (すべて税込)

大満足の一句をば。

ハートを打ち抜いた弾丸、そのままゴールまで飛んでけー!!

たっぷり肉と勝運を補給したところで、
いってみますか大勝負!

ではでは、TELEBOATで舟券を購入☆

肉の「2」は外せないよな…。
「9」はないから、しゅうなんの「4」で。

どうだっっっっ!!

結果は1番人気の「1」「4」…。

あーーーーー!!!!

かすったのに!! あとちょっと…。

次こそ勝利だぁぁぁあ!!

取材日 2017/5/8・9

A道の駅 ソレーネ周南

住所
山口県周南市大字戸田2713番地
電話
0834-83-3303
営業時間
一部店舗を除き24時間営業
HP
http://www.solene.jp

Bオレンジベース

住所
山口県岩国市麻里布町3-14-10 佐伯ビル2F
電話
0827-28-5299
営業時間
18:00~22:00
定休日
日曜日

BOATボートレース徳山

住所
山口県周南市大字栗屋1033
電話
0834-25-0540
開門時間
8:15
※レースのスタート展示開始時刻は8:31となります。
※レースにより開門時間やスタート展示開始時刻は変更になる場合があります。
HP
http://www.boatrace-tokuyama.jp/