text by あんじー

A1級メンズとロックとライブが大好き。酒と一人旅も好き。次はどこの国でライブを観て、酒を飲もうかな。

付け合わせのレベルの高さにも驚愕!
大人気のヘルシーバーガー。

ボートレース多摩川の最寄り駅「競艇場前」は、武蔵境駅から西武多摩川線でわずか9分。電車に乗る前にちょっと腹ごしらえしようかな、と武蔵境駅周辺を散策していると…。

チキン100%のヘルシーバーガー、
地元産の野菜もたっぷり♥︎

線路沿いにお洒落なパブ風ハンバーガー屋さんを発見。これは期待できそうよ!

ブリティッシュパブ風の店内にあんじー早くもウキウキ。

「コックテイル ハンバーガーズ」店長の五百藏祥永(いおろいよしなが)さんによると、お店のコンセプトは「お酒の飲めるハンバーガー屋」
「うちは小さなお子さまからご年配の方まで、客層がとても広いんです。実は僕も最初はお客としてここにひとりで来ていたのですが、お客さんもスタッフもとても温かくて、いつしか自分もここで働きたくなっちゃって。今は店長として店を任されているんです」と五百藏さん。

「コックテイル ハンバーガーズ」のパティは、鶏肉100%。でも、ハンバーガーといえばビーフが主流よね?
「ビーフのバーガーは確かにおいしいけれど、ちょっと重たいな~って感じる方もいらっしゃると思うんです。その点、鶏肉ならビーフに比べて淡泊だし、ソースによっていろんなアレンジができるかなぁと思って」。

あんじーがオーダーしたのは、「コックテイルトマトバーガーセット」

セットには飲みものと付け合わせがついていて、ボリューム満点!
付け合わせは、フレッシュ野菜たっぷりのサラダ、ソースも選べるポテトフライ、さつまいもスティックから選べちゃう。あんじーは学生さんに大人気だという、さつまいもスティックをチョイス。

「ボートレース多摩川」へのおともにもいいな。「てりやきバーガー」「イタリアンクリームチーズバーガー」をテイクアウトしちゃおーっと。

「コックテイルトマトバーガー」は、厚切りのフレッシュトマトと玉ねぎ、パプリカ、ピクルスなど野菜がたっぷり!
野菜はできるだけ地元・武蔵野産のものを使っているのだそう。
鶏肉のパティに、BBQソースがうま~くからまって美味しい!
ホクホクのさつまいもスティックは、塩味がついた甘じょっぱさが驚きのウマさで、ビールがすすんじゃう~!添えられたメープルシロップ+ブルーベリーソースをつけて食べると味が変化して、これはハマる味だわ~!

テイクアウトメニューもいただきます!

「てりやきバーガー」は、香ばしく焼きあげられた鶏肉のパティとレタス、玉ねぎ、シャキシャキのレンコンとゴボウ、甘すぎないテリヤキソースが絶妙のハーモニーを醸し出していて、リピートしたい美味しさ。
「イタリアンクリームチーズバーガー」は、香辛料が効いたパティとトマト&バジルソース、フレッシュトマトに巨大なクリームチーズがマッチ。一見ボリューミーだけど、鶏肉パティのあっさり効果でパクパクいけちゃうし、ワインにも合う!

●コックテイルトマトバーガーセット…980円~ランチタイム(ランチタイム外は1080円~) *セットメニューはお好きなバーガー、付け合わせ、ドリンク付。アルコールは+350円~
●てりやきバーガー(単品)…530円ランチタイム(ランチタイム外は630円)
●イタリアンクリームチーズバーガー(単品)…530円ランチタイム(ランチタイム外は630円) すべて税別

バーガーで気合いを入れてやってきました「ボートレース多摩川」!

本日のあんじー、狙いを定めて単勝にチャレンジ!
単勝用の購入カードは、ボートレース場によって置いてある場所が違うけれど、多摩川の場合は窓口に行けばもらえます!!
そして気になる結果は…、
やったー!!的中だぁ!!

思わず「ボートレース多摩川」のマスコット「リップルちゃん」と記念撮影♡

淹れ方&オーディオでこんなに違いが!?
コーヒー通、音楽通をもうならせちゃうカフェ♪

「ボートレース多摩川」へのもうひとつの玄関口は、JR「府中本町駅」。駅前からはレース場への無料送迎バスが出ていて便利なのよね。駅周辺には個性的なカフェも多いとの噂を聞いたから、早速散策開始!

あんじーが選んだのは、大國魂(おおくにたま)神社近くにある「カフェ サンク」。店内に入るとコーヒーのいい香りが〜♥︎

迎えてくださったのは、穏やかな笑顔が印象的なオーナーの佐藤悦郎(さとうえつろう)さん。
店内にはオーナーさん厳選のコーヒー豆がズラリ。量り売りもしているのだそう。

好みの豆を選んで淹れ方をチョイスするのが「カフェ サンク」のスタイル。
淹れ方は、ハンドドリップエアロプレスフレンチプレスサーバーから選ぶのだけど、豆も淹れ方もどれがいいのかわからないときは、オーナーさんが丁寧に教えてくださるので安心。同じ豆でも淹れ方によってまったく違うとのことなので、本日のおすすめの「プレミアムブレンド」をハンドドリップとフレンチプレスで飲み比べてみることに。

広々とした店内の奥には、でっかいオーディオが!

スピーカーは何と劇場用のもの。
CDやアナログレコードはもちろん、カセットテープやオープンリールも聴けちゃうマニアックな空間。「クラシック、ジャズ、イージーリスニングなど、各音楽のジャンルにもっとも適した機器で聴いていただけますよ」とのオーナーさんのお言葉に、あんじー大コーフン!

早速かけていただいたのは、チャイコフスキーの「白鳥の湖」。
フルオーケストラを前に聴いているかのような臨場感に感涙していたら、フレンチプレス式のコーヒーが登場。
「砂時計が終わったら、ご自分でゆっくりプレスして淹れてくださいね」とオーナーさん。

手前がフレンチプレス、奥がハンドドリップで淹れたコーヒー。

同じ豆なのに、本当に見た目も違ってる!
金属フィルターでプレスしたフレンチプレスには、豆の油分が浮いているけれど、ペーパーフィルターが油分を吸収するハンドドリップは澄んだコーヒー色に。
飲み比べてみると、濃厚なフレンチプレスVS後味スッキリなハンドドリップって感じで、異なる美味しさにびっくり。

コーヒーの他にモーニングとチーズケーキもオーダー。セットメニューの場合は、サーバーコーヒー(または紅茶)が提供されるけれど、豆と淹れ方を選んだコーヒーにメニューをプラスするのもOK。
モーニングの厚切りトーストは外は香ばしく、中はフワフワで、パン本来の旨みが感じられる美味しさ。チーズケーキはちょっとザラザラ感のある素朴な味わいで、添えられたバニラアイスとの相性が抜群!

●ハンドドリップ…500円 ●エアロプレス、フレンチプレス…各480円 ●サーバー…320円 ●ケーキセット…500円~ ●ケーキ単品…350円~ ●モーニングセット…420円~ すべて税込

続いてかけていただいたのは、デューク・エリントンの「A列車で行こう」。
低音の響きがたまらなくて、まるでジャズクラブにいるかのよう。
至福の空間で、風味豊かなコーヒーが味わえるなんて、本当に幸せ♬
あんじー、毎日通いたいなあ〜。

取材日 2018/9/11・20

Aコックテイル ハンバーガーズ
(COCKTAIL HAMBURGERS)

住所
東京都武蔵野市境南町2-1-22 1F
電話
0422-39-7707
営業時間
ランチ 11:00~15:00(L.O 14:30)
ディナー 18:00~24:00(L.O 23:30)
定休日
不定休
アクセス
JR中央線・西武多摩川線「武蔵境駅」から徒歩約1分
HP
https://cocktailhamburgers.shopinfo.jp
https://twitter.com/cocktail634

Bカフェ サンク(Cafe5CINQ)

住所
東京都府中市本町1-11-12
電話
042-362-2341
営業時間
7:00~19:00
定休日
第2・4水曜日
アクセス
JR武蔵野線・南武線「府中本町駅」から徒歩約5分
HP
http://www.cafecinq.com

BOATボートレース多摩川

住所
東京都府中市是政4-11
電話
042-369-9211
開門時間
10:15
※レースのスタート展示開始時刻は10:55となります。
※レースにより開門時間やスタート展示開始時刻は変更になる場合があります。
アクセス
西武多摩川線「競艇場前駅」から徒歩約3分。
JR武蔵野線・南武線「府中本町駅」より無料送迎バスで約15分、
京王線「多磨霊園駅」より無料送迎バスで約10分
HP
http://www.boatrace-tamagawa.com