CM

WEB SPECIAL MOVIEWEB SPECIAL MOVIE RADIO CMRADIO CM

第五話 「体感時速」篇

ボートレース場の水面を飛び跳ねるボラを見て記者山本が「ボラってボートより速いんですかね?」と一言。その声に反応した脱サラボートレーサー田中くんが心の底から叫ぶ「違うでしょ!」の意味とは!?CMソングを歌う田中くんのアカペラも要チェック!
TVCM第五話 ここがポイント

「速いのはボートレーサーでしょ!」

ボートの最高速度は時速約80kmですが、水面ぎりぎりを走っていくためレーサーの体感速度はおよそ
時速120kmといわれています。ボートレーサーは安全ベルトもない中、時速120km近い体感速度で
ターンするぎりぎりの勝負を繰り広げるアスリートなんです!

第四話 「大事なのは勇気」篇

なかなか初勝利を挙げることができず、落ち込む脱サラボートレーサー田中くん。テクニックが足りないと嘆く田中くんに人魚姫の長女ナオミが「大事なのは勇気でしょ」と語りかけます。人魚姫のたちのメッセージを受け取り、決意の表情を浮かべる田中くんに注目!
TVCM第四話 ここがポイント

「『テクニック?』それとも『勇気?』」

簡単にターンしているように見えるボートレーサーですが、
実は安全ベルトなしで激しい波の衝撃や、強いG(遠心力)を直に受けながら高速でターンしています。
レーサーにとっては、高度な技術はもちろん強靭な精神力が勝敗を左右する重要な要素の一つなんです!

第三話 「トレーニング」篇

厳しいトレーニングで体を鍛え上げる脱サラボートレーサー田中くん。その姿に釘付けになりNingyo Bookから目が離せない人魚姫の姉妹たちが何気なく言う「まさに男の戦いね!」というセリフに長女ナオミが喝!そこで明かされるボートレーサーの戦いの意外な事実とは?
TVCM第三話 ここがポイント

「男女ハンデなしのガチンコバトル」

実はボートレースは、男女がほぼ同じ条件で性別に関係なくレースを戦う
世界でもまれなプロスポーツ!全レーサーの約1,600人のうち、その約1割が女子レーサー。
女子レーサーだけのレースもありますが、男女混合のレースもごく普通に開催されているんです!

第二話 「カメラマンと記者」篇

脱サラボートレーサー田中くんを見守るベテランカメラマン秋山と、新人記者山本と先輩記者の馬場。まだまだ未熟な田中くんの何か光るものを見逃さないカメラマン秋山。また一人、新人ボートレーサーの成長を見守るクセのあるキャラクターが登場します。脱サラボートレーサー田中くんを見守るベテランカメラマン秋山と、新人記者山本と先輩記者の馬場。まだまだ未熟な田中くんの何か光るものを見逃さないカメラマン秋山。また一人、新人ボートレーサーの成長を見守るクセのあるキャラクターが登場します。
TVCM第二話 ここがポイントTVCM第二話 ここがポイント

「見えないスタート」

ボートレースは決められた時間内にスタートラインを通過する「フライングスタート方式」が採用されており、
この見えないスタートラインをめぐるレーサー同士の駆け引きも大きな見どころなんです!

第一話 「経験ゼロからレーサーに」篇

とある海の底。6人姉妹の人魚姫たちが「NYNGYO BOOK」で人間界をのぞいていると、一人のイケメンボートレーサーの姿が。ファンになる姫たちですが、この新人レーサーなかなか勝てずに悩んでばかり。弱音を吐く彼に、人魚姫の長女ナオミが愛ある叱咤激励を送ります。さあ、ボートフルファンタジーの始まりです!とある海の底。6人姉妹の人魚姫たちが「NYNGYO BOOK」で人間界をのぞいていると、一人のイケメンボートレーサーの姿が。ファンになる姫たちですが、この新人レーサーなかなか勝てずに悩んでばかり。弱音を吐く彼に、人魚姫の長女ナオミが愛ある叱咤激励を送ります。さあ、ボートフルファンタジーの始まりです!
TVCM第一話 ここがポイントTVCM第一話 ここがポイント

「経験ゼロからボートレーサー!?」

実はボートレーサーは『ボートレーサー養成所』に入るまでボートに乗ったこともない、という人がほとんど。
未経験から1年間の訓練を受け、プロアスリートを目指すことができるのがボートレースの世界なんです!

ボートレースを楽しむための初心者講座
ボートレースを楽しむための初心者講座
×